FANDOM



ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』(ワンピース ザ ムービー カラクリじょうのメカきょへい)は、2006年3月4日に公開された、漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第7作目。

概要 編集

前作とはうってかわって『ONE PIECE』の明るく楽しい面を押し出した作りになっている。

本作はチョッパー役・大谷育江の体調不良により、伊倉一恵が代役で登板した(麦わらの一味の代役が映画に出演するのはこれが初めて)。またNEWSが担当した主題歌のプロモーションビデオは、本作の映像だけで構成された物で、中には終盤のシーンも多く含んでいた(理由はNEWSのメンバーが不祥事を起こしたため)。後にNEWSのライブシーンやNEWSのメンバーのデフォルメアニメーションを追加した新PVが公開された。

DVD版の発売日・レンタル開始日(2006年7月21日)前に極楽とんぼ山本圭壱(ホンキ役)が不祥事(2006年7月18日)を起こして芸能活動を休止したが、回収されることなくそのままDVD版が発売、レンタル開始された。また「週刊少年ジャンプ」2006年37・38合併号のDVD版広告にも山本の名前があった。「ワンピース」映画化10作を記念してBlu-ray Disc版が2010年1月21日発売。

クライマックスで偶然ルフィがギア2の状態になり(TVシリーズより早い登場)、ラチェットのメカをJETバズーカで倒した。ルフィはなぜこんな力が出たのか不思議がっており、後々TVシリーズで発動する伏線にもなっている。

プロローグには、ウソップがナミの完全版天候棒(パーフェクト・クリマタクト)を作っているシーンがある。また、プロローグで麦わらの一味が着ていた衣装は、ロングリングロングランド編の衣装である。

ストーリー 編集

麦わらの一味は、難破した海賊船から宝箱を手に入れた。早速中を見てみると、そこには老婆が入っていた。老婆は自分の島の財宝伝説を話し、一行はその「メカ島」へ向かう。

登場人物 編集

麦わら海賊団 編集

オリジナルキャラクター 編集

登場したメカ 編集

防衛システム
劇中で最初に登場した弓兵メカ。無数の矢をゴーイングメリー号に放ったが、ゾロの一刀流 三十六煩悩鳳で全てなぎ払われた。
扇風キング
その名の通り大型の扇風機で、上にはラチェットの顔があしらわれている。ゴーイングメリー号を吹き飛ばすことに成功するが、防衛システムのメカが引きずりこまれて大破した。
ゾウガメ君5号
移動用メカで、甲羅の上部にはラチェットの椅子がある。
鉄人君28号
戦闘用のパワードスーツ(モビルスーツのもじり)。武器は飛び出すパンチと腹部のドリル。名前の元ネタは言うまでもなく鉄人28号
鉄人君32号
大型メカ。重さで前進するはずが後ろに引きずり込まれてしまい、ルフィに『かっちょわりー』と言われた。
スーパーゾウガメ君
最終兵器メカ。未完成ながらも威力があるため、ルフィを追い詰める。

キャッチコピー 編集

  • このカラクリ兵器の威力を思い知りなさい!!VSやんのかぁぁぁぁぁ!!!

スタッフ 編集

主題歌 編集

外部リンク 編集

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki