FANDOM


ONE PIECE』(ワンピース)は、2000年3月に公開された、漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第1作目。

東映アニメフェア初の『ONE PIECE』作品。同時上映は『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』。

概要 編集

ストーリー自体はとてもシンプルかつ誰にでも分かりやすいストーリーで人気を博した。このシンプルなストーリーは小さい子供にも受け、なかなか出だしのいいスタートを切った、これは後の2作目『ねじまき島の冒険』、3作目『珍獣島のチョッパー王国』にも言える事である。4作目『デッドエンドの冒険』からは、単独上映という事もあってかやや大人も見られるようなストーリーになっている。テレビアニメ版や次作以降の劇場版『ONE PIECE』はデジタル製作であるため、アニメ『ONE PIECE』シリーズの中で本作は唯一セル製作である(ただし、テレビアニメ放映前の『倒せ!海賊ギャンザック』もセル画にて製作されている)。

麦わらの一味がルフィ・ゾロ・ナミ・ウソップの4人しかいない頃の作品であり、ウソップとゴーイングメリー号はTVシリーズに先駆けて仲間になっていた。EDにのみバラティエとサンジが一瞬登場する。

『ONE PIECE』の劇場版としては、本作にのみオープニングとエンディングが存在する。OPはTVシリーズで使用されていたものを使用し、EDは原作の扉絵をもとに製作したもの。

DVD版は2000年10月21日発売(3作目『珍獣島のチョッパー王国』まで、映画のDVD化は10月21日となっている)。「ワンピース」映画10作目を記念してBlu-ray Disc版が2009年11月21日に発売された。

登場人物 編集

麦わらの一味 編集

オリジナルキャラクター 編集

ウーナン
声 - 野沢那智草尾毅(少年期)
「黄金の大海賊」と呼ばれた伝説の大海賊。かつて世界の約三分の一もの黄金を手に入れ、そのあまりの量に夜の海が昼間さながらに輝いたとい言われている。数年前を境に消息が途絶え、ある島に黄金の全てを隠したと言う噂が広まった。
懸賞金6000万ベリー[1]
トビオ
声 - 今井由香
ウーナンに憧れる少年。岩蔵のおでん屋を継ぐのが嫌で、冒険を夢見る。ウーナンに強く憧れており、彼が今でも生きていると信じている。ウーナンに弟子入りしようと考えている。
岩蔵
声 - 青野武松野太紀(少年期)
トビオの祖父で、海の上でおでん屋を営む。おでんの味は超一品で、ルフィ曰く「おっさんのおでんは世界一」。ウーナンとは同じ村で兄弟のように育った。
エルドラゴ
声 - 内海賢二
黄金を溺愛する海賊。悪魔の実「ゴエゴエの実」の能力者で、桁外れの大声をレーザーのように口から放射できる。
ゴラス
エルドラゴに雇われた用心棒の剣士。仕事の度にエルドラゴから金貨を受け取っているが、本心では金貨欲しさに剣を振るう自分を恥じている。その心をゾロに見抜かれ倒された。
懸賞金400万ベリー[1]
ダニー、ドニー、デニー
声 - 笠井信輔境鶴丸伊藤利尋
エルドラゴの部下。
ナレーション
声 - 大場真人

キャッチコピー 編集

  • 海賊王におれはなる!
  • 伝説の大海賊ウーナンが隠した“伝説の秘宝”ついに発見?!

スタッフ 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 劇場版第9作より
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はONE PIECE (2000年の映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。