FANDOM


覇気は、『ONE PIECE』に登場する用語。

概要 編集

全世界の全ての人間に潜在する力。 「気配」「気合」「威圧」などの感覚と同じだが、引き出すのは容易ではない。大半の人間は気づかないまま、あるいは引き出そうにも引き出せず一生を終えるという。覇気を体得した者は「覇気使い」と呼ばれる。

覇王色・武装色・見聞色という3種類の「色」が存在し、いずれも強化すればできる事の幅が広がる。 覇気使いの多くは得意な「色」の力が片寄るが、得意でない色も習得自体は可能。 上記の3種類の中でも覇王色はごく稀であるため、一般に「覇気」というと武装色・見聞色の2種類のことを指す。

アマゾン・リリーでは多くの者が覇気を身につけていたが、外海ではこの力を使える者は多くないという。 また、本部中将クラスの海兵達は全員が操れるらしい。本来は長期の鍛錬により引き出される力だが、戦闘で受けたショックにより見聞色の覇気が覚醒したコビーのような例もある。

武装色の覇気(ぶそうしょくのはき)
体の周囲に見えない鎧のような力を作り出す覇気。

レイリーによれば、「より固い『鎧』は防御だけではなく、攻撃にも転用できる」とのこと。 実体の無い自然系能力者の流動する体も実体をとらえて攻撃できるため、物理攻撃を無効化するような悪魔の実の能力者に対しては、弱点をつく事を除けばこの覇気が唯一の対抗策となる。打撃の効かないゴム人間であるルフィも、打撃によってダメージを受ける。

また、武装色の覇気は武器に纏わせ、威力を上げることも可能。アマゾン・リリーの戦士たちは木の矢で石壁を壊すなど、その効果は高い。
見聞色の覇気(けんぶんしょくのはき)
相手の気配をより強く感じる覇気。この力を高めることで、視界に入らない敵の位置・数を知り、また敵が次の瞬間何をするか先読みする事ができる。アイサやオトヒメ王妃は生まれつき見聞色の覇気を持っている。
極限状態でこの覇気が覚醒することもあるようで、例えばコビーは頂上戦争終盤にこの能力に目覚め、倒れていく海兵の心の声を聞き取ることが可能になり、ウソップもドレスローザ編で相手の居場所を(ある程度だが)見透せるようになった。
これは空島で「心綱(マントラ)」と呼ばれているものと同じ能力である。ガン・フォール曰く、人間は生きているだけで体から声を発しており、「心綱」はそれを聞く能力であるとのこと。鍛えればさらに遠くの声も聞こえるようになり、エネルはスカイピア全域、神官は「神の島(アッパーヤード)」全域までその能力が及ぶ。
なお青海では心網のように「動きを先読みできる」者は現在、ビッグ・マム海賊団の最高幹部である「スイート3将星」シャーロット・カタクリただ一人しか確認されていない。
カタクリは見聞色を鍛えすぎて「少し先の未来が見える」境地にまで達しているとのことだが、「自分が見た」者の気配から行動や言動を先読みしているので死角からの不意討ちには対処できない他、人間の意思によらない偶発的なアクシデント(作中では玉手箱の爆発)や「変えた先の未来」も読めないなど弱点はいくつか存在する。

なお、カタクリの見聞色でも見える未来は精々数秒先程度であることから、見聞色の覇気を極限まで鍛えても、遠い未来を予言するような未来予知まではできないと思われる。

覇王色の覇気(はおうしょくのはき)
数百万人に1人の「王の資質」を持つ者しか身につけることができない覇気。周囲を威圧する力であり、発動すると、圧倒的な実力差がある相手(戦うまでもないほど弱い相手)を気絶させる[1]。この世で大きく名を上げる様な人物は、この力を秘めている事が多いという。
ルフィやエースのように無意識に発動させてしまうこともあるが、その場合敵も味方も関係なく威圧してしまうため、完全にコントロールできるまでは多用してはならないとされている。上達すれば、その矛先を特定の人物だけに絞ることができるようになる[1]。他の2種類の覇気と違ってコントロールはできても意図的に鍛え上げる事は不可能で、本人の成長でのみ強化される。
現時点でこの覇気を持っていることが確認されているのはルフィ、ハンコック、白ひげ、シャンクス、レイリー、エース、チンジャオ、ドフラミンゴ、ビッグ・マムの9人。

このうちエースと白ひげは故人であるため、覇王色を持っているのは実質7人。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 単行本65巻SBS

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki