Fandom

ONE PIECE Wiki

王下七武海

305このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

王下七武海(おうかしちぶかい)は、『ONE PIECE』に登場する海賊三大勢力の一角。

概要 編集

世界政府によって公認された7人の大海賊。単に「七武海」とも呼ばれる。

海軍本部四皇と並び称される偉大なる航路(グランドライン)三大勢力の一角。

未開の地及び対海賊限定の略奪行為が特別に許される「敵船拿捕許可状」を所持しており、その収穫の何割かを世界政府に納付することが義務づけられている。七武海に加盟した海賊は政府からの指名手配を取り下げられ、それまでの懸賞金も抹消される。メンバーの選定基準には強さだけではなく他の海賊に対する抑止力になるような影響力も重要視され、そのため顔ぶれには世界最高峰の実力をもつ大海賊が名を連ねる。海賊でありながら政府に下った立場であるため、その他の海賊には「政府の狗」と揶揄されることもある。七武海の不祥事・敗北は政府によって隠蔽される模様。政府は勢力のバランス上7人が妥当な数としているため、何らかの理由で欠員が生じた場合、新たに認められた海賊が後継の七武海となる。

物語当初のメンバー構成はジュラキュール・ミホーク、クロコダイル、ドンキホーテ・ドフラミンゴ、バーソロミュー・くま、ゲッコー・モリア、ボア・ハンコック、ジンベエ。後にクロコダイルはアラバスタ王国の一件で権利を剥奪され、その後釜としてマーシャル・D・ティーチが七武海に加盟した。ジンベエは海軍の白ひげとの戦争に反対して投獄され、インペルダウンから脱獄した際、改めて脱退を宣言した。ティーチも自らの目的を達したため称号を返上した。モリアもまたマリンフォード頂上戦争で死亡したとされ(実際は世界政府上層部から抹殺命令を受けたドフラミンゴとパシフィスタの襲撃を受けた後、アブサロムの能力により逃亡)、除名扱いになっている。

メンバーは曲者揃いで、それぞれが政府の監視の外で思うままに活動しており、聖地マリージョアへの招集があっても全員が揃うことは滅多になく、仮に揃った所で力を合わせることはまず考えられない。これは海軍上層部側でも周知事項のようで、盟約上の協力関係を築いてはいるものの、心からの信用はない。ただし政府における地位はかなり高く、マリージョアにも自由に出入り可能で、政府関係者からは様付けされるという存在。

マリンフォード海軍本部で勃発した大戦争「マリンフォード頂上戦争」では、政府からの強制召集により、5人が実戦に参加。この時、インペルダウンから脱獄してきたジンベエとクロコダイル、及び黒ひげが乱入し、新旧の七武海計8名全員が勢揃いした。

史実上の海賊の一種「私掠船(プライベーティア)」がモデル[1]

メンバー 編集

脱退したメンバーも含む。

関連組織 編集

脚注 編集

  1. 単行本28巻SBSより。
  2. 2010年1月に郷里大輔が急逝したため、ゲッコー・モリア役で出演していた宝亀克寿がモリアと兼任の上で役を引き継いだ。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は王下七武海にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia