FANDOM


凪の帯(カームベルト)は『ONE PIECE』に登場する用語。

概要 編集

「偉大なる航路」の両脇に沿って存在している無風海域。大型海王類の巣で、これがあるために「偉大なる航路」には4つの海から直接入れず、リヴァース・マウンテンから入らなくてはいけない。海王類の天敵である毒海蛇に船を引かせた九蛇の海賊船と船底に海楼石を敷き詰めた海軍の軍艦は、船の気配を消すことができるため比較的簡単に往来することができるようであるが、視覚的に見つかる危険は残るため100%安全ではない。

エニエス・ロビー
世界政府が所有する司法の島。不夜島(昼島)。

詳細はONE PIECEの用語一覧#エニエス・ロビーを参照

テンプレート:Anchor(にょうがしま)
アマゾン・リリー
女系戦闘民族「九蛇(クジャ)」が住む、男子禁制の「女人国」。この島の女は外界に出て妊娠し帰国すると、なぜか必ず女子が生まれるという。男性が入国すると死罪となるが、人道的な理由等で特別措置が取られることもある。[注 1]
代々皇帝が島を治めている。国の集落は、ジャングルに囲まれた高い山にある、大きな穴の中に築かれている。住民は戦士として育てられ、多くの戦士が蛇を連れており、弓として使うこともある。この国の戦士は、外海では珍しい「覇気」の扱いに精通している。熱帯にあるためか、住人のほとんどはビキニの様な露出度の高い服を着ている。「ゴル」という独自の通貨単位が使用されている。
世界政府との取り決めにより、皇帝ボア・ハンコックが七武海入りすることを条件に、世界政府は島の海岸より3キロ以内に一切近づかないという協定が結ばれている。世界政府のことは「中枢」と呼んでいる。外界との交流がないため、多くの住人が一般常識に疎い(「悪魔の実」の存在を知らずルフィの能力を男性の生理的な特徴と思い込む、ゴルゴン三姉妹の能力を「呪い」と信じている、など)。
建物や風景のモデルは中国[1]。作者曰く、品のあるアマゾネスの物語が少ないことから、文化的水準の高い女人国を目指したという[1]
ルスカイナ
女ヶ島の北西にある無人島。週に一回季節が変わる「48季」の島。大昔には国が存在していたが、生存戦争に人が敗れ、現在では夥しい猛獣が生息する天険の地となっている。ルフィがレイリーの指導のもと、2年間の修行を行った。
インペルダウン
世界政府が所有する深海の大監獄。

詳細はインペルダウンを参照


引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません
引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki