FANDOM


マーシャル・D・ティーチは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は大塚明夫

人物 編集

通称「黒ひげ」。元懸賞金:なし

黒ひげ海賊団船長。元は白ひげ海賊団2番隊隊員。

隙っ歯とビール樽のような出っ腹が特徴の大男。登場初期は黒いバンダナに白いシャツというラフな服装だが、次第にコートや海賊帽、大量の宝飾品を身に着けるようになる。己の野望のためには手段を選ばず暴挙を繰り返す凶悪な男で、軽率で粗野で大雑把な面もあるが、「人の夢」を豪放に謳い上げ、生死を運命に預けきるなど心中には海賊としての確固たる信念を宿す。かつてシャンクスの左目に3本傷を負わせた張本人であり、その時では能力を手に入れる以前だった為、シャンクス自身が危険視する程である。エース曰く「人の倍の人生を歩んでいる」、マルコ曰く「体の構造が異形」らしく、悪魔の実を2つ取り込めるなどその全貌には多くの謎が存在する。笑い方は「ゼハハハハ」。チェリーパイが好物。8月3日(闇=8、3から)生まれの38歳。身長344cm。

22年以上に渡り白ひげ海賊団に所属していたのはヤミヤミの実が手に入る公算が最も高いと踏んでいたためであり、当時の親友であった4番隊隊長サッチがヤミヤミの実を手に入れると、彼を殺害し実を奪って逃亡。海賊王の座を狙い動き出し黒ひげ海賊団を結成、たった5人でドラム王国を滅ぼした。

ジャヤのモックタウンの酒場でルフィと居合わせたが、出された品に対する2人の感想はことごとく正反対であった。自身と同じく、夢に対する姿勢を垣間見た上でルフィの器の大きさを認めており、ベラミーに受けた挑発に耐え切ったルフィらを激励した。

億越えの賞金首を討ち世界政府に引き渡し七武海に加入する計画を建て、ジャヤでのやりとりの後にルフィの賞金額を知って首を狙うが取り逃がす。その後、バナロ島でかつての隊長であるエースと再会し死闘を繰り広げ勝利、エースを政府に引き渡しクロコダイルの後任として七武海に加盟した(このことがマリンフォード頂上戦争の引き金となる)。しかし、七武海加入の目的は、政府側の人間となりインペルダウンLEVEL6の囚人を仲間に引き入れるためで、マリンフォード頂上戦争で目的を達すると、七武海の称号を自ら返上した。

七武海加盟後、七武海召集命令に応じ姿を見せるも戦争が始まる直前、仲間と共にインペルダウンを襲撃。そしてルフィと遭遇した際、数合打ち合うも、ジンベエの仲裁で中断する。その後マゼランの毒を受けたが、シリュウの持ってきた解毒剤によって命を取り留めると、インペルダウンLEVEL6の獄中内で囚人達に殺し合いをさせて生き残った4名の伝説級の囚人及びシリュウを仲間にし、彼らを引き連れてマリンフォードへと現れた。白ひげと一騎討ちをし自身の力を見せつけるものの圧倒され、一味総動員で既に瀕死の状態であった白ひげに総攻撃をかけ絶命に追い込んだ。そして、謎の手段で白ひげの遺体から「グラグラの実」の地震能力を奪い、2つの能力を見せつけて世界を震撼させた。その後はセンゴクとガープと戦うも、現れたシャンクスの終戦宣言によりマリンフォードから去って行った。

モデルは実在した海賊黒髭ことエドワード・ティーチ。

能力 編集

「悪魔の実の歴史上で最も凶悪」とされる自然系悪魔の実「ヤミヤミの実」の能力者の闇人間で、闇の引力で全ての物体を引き込み、悪魔の実の能力も無効化し、自然系能力者の実体にも触れることができる。ただし、他の自然系と異なり攻撃を受け流せず、痛みまで常人以上に引き込んでしまうリスクがある。頂上決戦で白ひげの遺体から「グラグラの実」の地震能力を奪っている。

闇穴道(ブラックホール)
周囲へ広げた闇で、触れたもの全てを闇の中へ引きずり込み、無限の引力で凝縮させ押し潰す。バナロ島にて町一つを破壊した。
解放(リベレイション)
闇穴道で飲み込み破壊したものを吐き出す。
闇水(くろうず)
掌から発する闇の引力で、能力者の実体を強制的に引きよせる。その掌に掴まれると、相手は悪魔の実の能力が一切使用不可能になる。

脚注 編集