Fandom

ONE PIECE Wiki

ボア・ハンコック

305このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Boa Hancock.png
ボア・ハンコックは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は三石琴乃。幼少期を伊藤かな恵が担当。

人物 編集

通称「海賊女帝」「蛇姫」。元懸賞金:8000万ベリー七武海の紅一点。女ヶ島「アマゾン・リリー」皇帝にして、九蛇海賊団船長。ゴルゴン三姉妹長女。

世界一と謳われる絶世の美女であり、その美貌で老若男女問わず数多の人間を魅了する。その美貌と強さから島の者には「蛇姫様」と呼ばれ、慕われている。9月2日生まれで、七武海では最年少の29歳。身長191cm。3サイズはB:111(Jカップ)/W:61/H:91。

一人称は「わらわ」で、小動物を蹴り飛ばしたり、目上口調が目立つなど自分の美貌を鼻に掛け自分勝手に振る舞い妹たちにすら最悪といわれる性格だが、その直後に見せる表情に周りの者は瞬時に悩殺され、誰一人として咎めることができない。相手を見下し指さしながら後ろにのけぞるポーズは、「相手を見下し過ぎのポーズ(見下しすぎて逆に見上げている)」と言われる。

12歳の時、人攫い屋によって妹共々連れ去られ、世界貴族の奴隷となる。その際に三姉妹全員が、奴隷の証である天竜人の紋章の焼印を背中に焼きつけられる(このことから世界政府と男を酷く嫌うようになる)。また、奴隷の時の余興でメロメロの実を食べさせられ能力者となる。その4年後、後に魚人海賊団を結成した冒険家フィッシャー・タイガーによって解放され、妹2人と共に路頭に迷っていた所をニョン婆とレイリーとシャッキーによって保護され、アマゾン・リリーに帰還した。その後、悪魔の実の能力を活かして天竜人の紋章を隠しつつ、現在に至る。18歳の時に皇帝の地位を継承し、初めての遠征の際に懸賞金8000万ベリーが懸けられ七武海に加盟した。

背中の天竜人の紋章は島中の民全員に隠していたが、湯浴み中に現れたルフィにそれを見られて激昂、不法侵入の罪で処刑しようとする。その際、ルフィにとって命の恩人であるマーガレット達を石化したが、ルフィは彼女の美貌に見惚れず、その横柄な言動に怒りを露にした(彼女の色仕掛けが通用しなかったのはルフィが初めて)。このことにショックを受け、ボア・サンダーソニアボア・マリーゴールドをけしかけるが、やがてルフィの器の大きさと情の深さから心を許し、逆に恋心を抱く様になる。以来、ルフィに対して頬を赤らめたり、ラブラブになっている状況を想像したりと、完全に「恋する乙女」になっている。因みにルフィは当初彼女の事を「蛇女」や「ハンモック」と呼んでいたが、インぺルダウン潜入後はちゃんと「ハンコック」と呼ぶようになる。

エース奪還を決意したルフィをインペルダウンへ送る為に七武海召集命令に応じ、獄中のエースにルフィが救出に来ていることを伝える。その後は海軍本部へ赴き、マリンフォード頂上戦争に参加するが、ここでも完全に政府側というわけでなく、周囲の海兵が自身の技の巻き添えとなっても全く意に介さず、逆にルフィの身の安全と協力に関しては惜しまず、ルフィを抑えつけたスモーカーと戦ったり、エースの手錠のカギをルフィに渡したりし、さらにはパシフィスタを数体仕留めたりした。

終戦後は七武海権限で軍艦を奪い、ローが助けたルフィとジンベエに合流。彼らを匿う為、アマゾン・リリーへの停泊と上陸を特例として許可した。

初期設定では現在よりかなり年上で刺青などをしており、異名も妖妃となる予定だったが変更された。

能力 編集

超人系悪魔の実「メロメロの実」の能力者で、自分の魅力に見惚れた者を石化させることができる。また、「覇王色の覇気」の持ち主でもあり、その実力は海軍元帥センゴクからも認められている。

メロメロ甘風(メロウ)
両手の指でハートマークを作り、そこから放った光線で邪心を持つ相手を石化する。ただし、ルフィのように邪心がない者や、モモンガのように無理矢理邪心を抑え込んだ者には効果がない。
銃(ピストル)キス
投げキスで作ったハートマークを弾丸のように飛ばす。ゴム人間のルフィにも効く。
虜の矢(スレイブアロー)
投げキスで作った巨大なハートマークを弓のようにして破裂させ、広範囲に石化効果を持つ矢を放つ。物質にも効果あり。
芳香脚(パフューム・フェムル)
石化と粉砕を同時に行う蹴り。虜の矢同様、物質にも効果があり、スモーカーの七尺十手や、鋼鉄以上の強度持つパシフィスタを破壊している。

脚注 編集

ゴルゴタの丘

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia