FANDOM


ドクトル・ホグバックは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は岩崎ひろし

人物 編集

スリラーバーク四怪人の1人。天才外科医。通称、「ドクトル・ホグバック」。

奇跡の様な手術で多くの人々の命を救い、世界中の医師達から尊敬を集めていたと言われ、当初はチョッパーも憧れていたが、本性は傲慢かつ冷酷な性格であり、医者として人の命を救う事に誇りを持って居らず、人を救っていたのは単に金の為でしか無かった。ブルックにゾンビの弱点をバラしてしまったりと、間抜けな一面もある。笑い方は「フォスフォスフォス」。左利き。

10年前、好意を寄せていた女優・シンドリーが死亡した事で、仕事に身が入らない程に落ち込んでいた所にモリアと出会い、シンドリーを復活させることを条件にモリアに仕え、生前よりも強い肉体を持つ影の入れ物となる死体“没人形(マリオ)”を作り出していた(世間ではホグバックの失踪事件と騒がれ、医学界を大きく揺るがせた)。

シンドリー復活の恩義から、モリアへの忠誠心は高い。影によるゾンビ製造を奇跡の蘇生術と仰いでいたが、チョッパーには「人の命をバカにしている」と否定され、激怒した。ロビンとチョッパーに成敗されかけた所にオーズが乱入し、そのままガレキの下に閉じこめられ、シンドリーに自分を助けるよう命令をするも、シンドリーの体がそれを拒否したため、結局オーズに踏み潰された。

その後は生き延びて何とか脱出し、ボロボロになったモリアを連れてスリラーバークからアブサロムと共に海へと逃げ出した。

モデルは『モロー博士の島』(H・G・ウェルズ作)のモロー博士。

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki