FANDOM


ビクトリア・シンドリーは、『ONE PIECE』に登場するキャラクター。生前の担当声優は進藤尚美影の持ち主の担当声優は、桑島法子

生前 編集

ホグバックが惚れていた女優。ホグバックの告白を断り、別の人間と結ばれていたが、10年前に舞台から転落死した。

ゾンビ 編集

ドクトル・ホグバックの使用人。ホグバックがモリアの部下になった際に死体を盗み出しマルガリータの影を得てゾンビとなる。この時、過去消去の契約を結ばなかったため、影の持ち主同様皿嫌いで、皿を使わずに料理を出す。

しかもそれを踏まえて、プリンやスープスパなどの皿がないと困る様な果敢なメニューを選ぶ。

発言はことごとくネガティブかつ陰湿で、口癖は「○○なんか○○してしまえばいい」「○○するといい」(例:「皿なんてこの世から無くなってしまえばいい」「もう一息のところで失敗するといい」)。右足に「400」の番号が刻まれている。

普段のホグバックに対する態度はかなり酷なものだが、命令には逆らえない。ホグバックにある程度の戦闘ができるように身体を改造されている。ロビン&チョッパーとの戦いのときにチョッパーの言葉に身体の記憶がもどったのか、オーズの乱入で倒れた壁の下敷きになったホグバックの助けろという命令に従わず、生前を彷彿させる笑顔を浮かべ、ロビンとチョッパーを驚かせた。

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki