Fandom

ONE PIECE Wiki

ヒルルク

305このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

麦わら海賊団の船医であるトニートニー・チョッパーの育ての親。

不治の病を患う元大泥棒の無免許医で、しかも相当の藪医者のため評判は良くない。 

チョッパーとは、吹雪の中で倒れている彼を見つけて助けようとしたのがきっかけ。最初は警戒された上に殴られたものの、猛吹雪の中で全裸になってチョッパーを説得し、彼を自宅に連れ帰って治療してやった。

以後、チョッパーはヒルルクを「ドクター」と呼んで敬愛するようになる。 

しかし病は着実に彼の体を蝕んでおり、自分の病をチョッパーに悟られまいとして、一度はチョッパーを治療後に冷たく突き放すが、彼の純粋な思いを受け入れる。

海賊に対して憧れに近い敬意を持っており、ドクロの御旗に対して『不可能を可能にするマーク』という信念を見い出しており、自宅に「ドクロに桜吹雪」という海賊旗を掲げている。桜をあしらっているのは、ある場所で見かけた桜の花に感銘を受けたからであり、そこからワポルの悪政に苦しむ人々の心を『桜を見せて元気にしよう』とある薬品の研究に没頭することとなり、のちに完成品をDr.くれはに預けている。 だがドクロに込めた思いが災いして、チョッパーが勘違いから命懸けで採ってきた毒キノコのスープを飲んでさらに寿命を縮めることとなり、当時またドラム王国の国王であったワポルの罠にはめられたことでその生涯を閉じることとなる。

しかし、チョッパーの間違いを否定せずに笑顔でスープを飲み干し、病人がいるというデマで城におびき出されようとも「よかった、病人はいないんだな…!」と安堵するなど、その死に様はドラム王国の多くの人々に影響を与えることとなる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki