FANDOM


バーソロミュー・くまは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は堀秀行

人物 編集

通称、「暴君くま」。元懸賞金:2億9600万ベリー

熊の耳がついた帽子を被り、常に聖書を携えている巨漢。感情を示すことはほとんどない。

かつては海賊として暴虐の限りを尽くした男。革命軍の幹部でもあり、10年前の時点ですでにモンキー・D・ドラゴンエンポリオ・イワンコフと共に革命軍として活動していた。現在は七武海の中では唯一世界政府に従順な存在で、クロコダイルの称号剥奪後の会議にも参加し、自ら政府の実験体として人間兵器パシフィスタ「PX-0」になることを志願した。だが、政府の指令を無視して独自の判断で動く事もあり、世界政府に協力している真意は不明。ドラゴンはその経緯を把握している様子。45歳。身長689cm。ルフィからは「くまみたいな奴」と呼ばれている。

黒ひげの七武海加入を報告するため、スリラーバークにいるモリアを訪れ、モリアが敗れると麦わらの一味の前に姿を現し、「モリアを倒した麦わらの一味、及び目撃者を全て抹殺せよ」という政府の命を受け、その場にいた人物全員を圧倒的な力で窮地に追いやる。だが、ゾロとの取引によりとどめは刺さずに帰還し、センゴクには「逃げられた」と報告した。

シャボンディ諸島にて、真意は不明だが黄猿、戦桃丸、PX-1に追い詰められていた麦わらの一味全員を逃がすため、各々世界各地に弾き飛ばした[1]。この件について、センゴクには「仕留めた」と報告した。後日ルフィがインペルダウンに現れたことにより嘘が発覚したが、特に処分は受けていない。

その後、七武海召集命令に応じて姿を見せマリンフォード頂上戦争に参加する。戦争ではリトルオーズJrに「熊の衝撃」を決め、大ダメージを負わせた。ドフラミンゴによると、麦わらの一味を弾き飛ばしてから数日の間にDr.ベガパンクから更なる改造手術を受け、既に意識のない完全な兵器「PX-0」と化しているという。終戦後、シャボンディ諸島のシャッキーの元に現れる。

能力 編集

超人系悪魔の実「ニキュニキュの実」の能力者の肉球人間で、掌に付いている肉球で相手の攻撃はもとより大気、体のダメージといったあらゆるものを弾き飛ばすことが出来、瞬間移動も可能とする。普段は手袋をして能力を封じている。また、政府に人間兵器「パシフィスタ」に改造されており、ボディは鉄をはるかに超える硬度を持ち、口から黄猿の能力を再現した鉄をも溶かす高熱のレーザーを発射できる。また、その他のパシフィスタの原型になっている。

レーザー
口から鉄をも溶かすレーザーを発射する。また、一瞬の連射も可能。海軍本部大将黄猿の「ピカピカの実」の能力が再現されたもの。
圧力砲(パッド砲)
空気を光速で弾くことにより突き抜ける衝撃波を放つ技。放たれた衝撃波は軌道上にある全てのものにダメージを与えながら貫通して行く。
つっぱり圧力砲(つっぱりパッド砲)
しこを踏んで体制を整えてから圧力砲を連射する。
瞬間移動
光速の弾きによる超高速移動。
熊の衝撃(ウルススショック)
巨大な空気の塊を手の平サイズに圧縮し、それを開放することで衝撃波の爆発を起こす。その爆発規模はスリラーバーク全域に及ぶほど。
肉球カウンター
掌の肉球であらゆる攻撃を弾き返す。弾かれた攻撃は威力やスピードはそのままに異なる方向へ飛ばされる。攻撃してきた相手にその攻撃を返したりもする。
弾き飛ばし
相手に触れるだけで相手を消したかのようなスピードで弾き飛ばす。飛ばした先はくまにしか分からず、三日三晩空を飛ぶという。相手をどこかへ飛ばす際には「旅行するならどこへ行きたい?」と尋ねる場合もある。

脚注 編集

  1. 弾き飛ばす前に、レイリーに自分が革命軍の幹部であり、一味を逃がすことを耳打ちしている。また狙ってやったのか、ルフィ以外の一味を弾き飛ばした先は、それぞれの仲間が自分の力や技術を高めるのに最適な場所となっている。『ONE PIECE GREEN』より。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki