Fandom

ONE PIECE Wiki

バギー

305このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

王下七武海の一人。バギー海賊団船長。元ロジャー海賊団見習い。元懸賞金1500万ベリー。

ピエロのような顔立ちをした男。自分の赤くて丸い大きな鼻に大きなコンプレックスを 抱いており、鼻を指摘されると激怒する(聞き間違いで怒ることも多い)。卑怯かつ残忍で利己的ながら、派手好きでノリのいい間抜けな一面もある。能力を駆 使した奇策には長けるが超人的な身体能力の持ち主ではない。名を馳せた強敵を前にすると逃げ腰になる臆病者だが、場を盛り上げ煽り立てる才能や後述の経歴 により、自分より懸賞金が上であるインペルダウンの脱獄囚たちからはカリスマ扱いされている。笑い声は「ぎゃはははは」。口癖は「ハデに - 」。望みは世界中の財宝を手に入れること。誕生日は8月8日(バラバラ=8、8)[12]

超人系悪魔の実「バラバラの実」の能力者。体をバラバラに分離させることができる「バラバラ人間」[注 5]。 斬撃は一切効かず、一定の範囲なら自由に体のパーツを操れる(ただし足は飛ばせない)。武器には複数のナイフを用いる。大砲好きな海賊として知られ、町1 つを消し飛ばせる砲弾「特製バギー玉」を所持する。後に、バギー玉の破壊力を維持したまま小型化した新爆弾「特製マギー玉」を靴に仕込んでいる。

若い頃はロジャー海賊団でシャンクスと共に見習いをしていた。ある夜、シャンクスに後ろから話しかけられた時に驚いて、売ろうとしていた「バラバ ラの実」を誤って食べ、同時に宝の地図を海に落としてしまった。このことから、今も彼を逆恨みしている。24年前のロジャー処刑後、シャンクスからバギー の下につく形でも良いという条件で、仲間に誘われるが拒否した(シャンクスとはそれ以来、頂上戦争で再会するまで全く会っていなかった)。その後、自身の 海賊団を旗揚げし、「道化のバギー」の異名を持つ東の海では数少ない懸賞金1000万越えの海賊として名を馳せていた。

オレンジの町襲撃中、自身が持つ「偉大なる航路」の海図を狙ったルフィと戦うが、ほとんどの体のパーツが分離した状態で吹き飛ばされた。表紙連載 『バギー一味冒険記』での大冒険の末、アルビダと手を組み一味と合流し、元の体に戻る。その後、ルフィへの復讐を企みローグタウンでルフィを処刑しようと したが、落雷により失敗。スモーカーに一時捕らわれるが、嵐に乗じて脱出しルフィを追いかけて「偉大なる航路」に突入する。

「偉大なる航路」突入後、キャプテン・ジョンの宝の洞窟と勘違いして海軍の駐屯所に乗り込んでしまい、逮捕される[7]。 インペルダウンLEVEL1に収監されたが、牢から脱出し脱獄する最中ルフィと再会し、キャプテン・ジョンの財宝の在り処を示すトレジャーマークを貰った ことでエース救出を手伝うことになる。獄内で出会ったMr.3と意気投合すると、ルフィらが起こした騒動を利用して脱獄に成功する。その後、ルフィら共に マリンフォードへ向かう羽目となる。また、ルフィと共にインペルダウン大量脱獄事件の主犯とされ、隠していた過去の経歴が海軍に知られてしまった。

マリンフォード頂上戦争では、当初怖気づいていたが、白ひげからの要請でエース救出に手を貸す。映像電々虫を探る中ルフィに身代わりにされ、その ままミホークと対決するが、敢えなく敗北。その後世界に映像を中継しようとするも、青雉によって氷付けにされた。白ひげの死後は一目散に逃げ出し、その途 中偶然空中で受け止めたルフィとジンベエをローに引き渡した。終戦後、Mr.3や囚人たちを連れ、再び一味と合流した。

新世界編では王下七武海に加盟しており、さらに「海賊派遣組織」の総帥となっている。異名は「千両道化」に変わり、「伝説を生きる男」と称されている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia