Fandom

ONE PIECE Wiki

ハンニャバル

305このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ハンニャバルは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は後藤哲夫

人物 編集

インペルダウン看守(20年前) →インペルダウン監獄副署長(第1部) →インペルダウン監獄副署長(第2部)。

名の通り般若のような顔付きで、腹部が餓鬼のように膨らんでおり、古代エジプト風の兜や装身具を着用している。「します」を「スマッシュ」、「ます」を「マッシュ」と言う癖がある。

現署長のマゼランを失脚させて自分が署長になる事を常に考えている野心家で、日常会話でもつい口を滑らせ、署長になりたいという本音を漏らすことがしばしば。脱獄をわざと見逃してまで署長責任にしようとするような姑息な性格のため、マゼランや部下からの信頼度はおおむね低い。だがその実、海賊や犯罪者を断固「悪」とみなし、市民が安全に眠れるよう体を張って脱獄囚を食い止めんとする強い正義感の持ち主である。マゼランには「署長職の後任はお前しかいない」と密かに認められており、署員たちからも非常時には頼られている。20年前は看守を務めており、金獅子のシキが脱獄した時に一番に発見した。

署長マゼラン同様色仕掛けに弱く、Mr.2 ボンクレーの変装したナミに対して好みのタイプと発言しており、簡単に色仕掛けにはまってしまった。アニメでは20年前の新人時代にも同じような色仕掛けにはまっていた。

悪趣味なパンツを好み、イチゴ柄、フリル、キノコ柄など様々な柄のパンツをコレクションしている。

レベル4で足止めのためにルフィと戦うが、突如現れた黒ひげの一撃によって倒された。頂上戦争後の2年の間に、マゼランに代わり署長に就任した。

能力 編集

能力者ではないが、防寒服なしでレベル5を巡回する丈夫な肉体と、バギーとMr.3をまとめて倒す実力の持ち主。ルフィのギア2の攻撃にも体を張って耐えるなど、耐久力にも優れる。普段は棍を武器とし、本気で戦う時は武器は柄の両側に刃のついた薙刀「血吸(けっすい)」を用いる。

焦熱地獄車
炎を纏った「血吸」での攻撃。

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki