Fandom

ONE PIECE Wiki

ネフェルタリ・ビビ

305このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ネフェルタリ・ビビは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は渡辺美佐。テレビゲーム『ONE PIECE グラバト!RUSH』では中山さら

人物 編集

アラバスタ王国王女。元麦わらの一味船員。2月2日生まれの16歳。バロック・ワークスでのコードネームは「ミス・ウェンズデー」。

平和を愛する容姿端麗な少女で、カルーを供にしている。青色の(アニメでは淡い水色)緩いウェーブの掛かったロングヘアーで、前髪をセンターで分けている。乗船中はポニーテールに結っていたが、離脱後の再登場時はハーフアップに結っている。また、乗船中は、Tシャツ、または、キャミソールにショートパンツといったカジュアルな服装だったが、離脱後の再登場時に見せた私服は、ロングスカートなどの清楚で女性らしい装いであった。

バロック・ワークス(B・W)による「アラバスタ乗っ取り計画」を知り、13歳の時にイガラムと共にB・Wに潜入、サー・クロコダイルの野望を阻止しようとした。B・Wメンバーとしての任務中にウイスキーピークで正体が露見し、抹殺されそうになるが、麦わらの一味に助けられ、アラバスタまで同行する内に、護衛される王女という枠を超え、一人の仲間として認められていく。

王女という立場から、守られる側である事が多いが、自身も女性にしては腕っ節が強い方である。また、好奇心旺盛で行動力があり、幼い頃は、王宮を抜け出して一般の子供達に混ざって遊び「砂砂団」副リーダーになったりするなど、破天荒な行動で周囲に心配を掛ける事もあった。成長してからも行動的な面は変わっておらず、リトルガーデンではルフィと共に真っ先に冒険に飛び出した。反面、王家の人間としての立場を幼い時から非常によく理解している。自分の事を差し置いて他人を心配し、優先させたりとお人よしな性格。ルフィはビビのそんな部分を「放っておけない」と語っている。

嘘を吐くのが下手で、不快に感じたり動揺するとすぐに顔に出てしまう。また、天然ボケな一面があり大事な事を言い忘れたり、言ってはいけない事をポロッと言ってしまう事がある。何故かウソップを引きとめたり引っ張ったりする時は、手ではなく鼻を掴むなど少しズレた所がある(作者曰く、鍋の蓋と同じ原理)。B・Wに所属していた時の名残で、ゾロのことは「Mr.ブシドー」と呼んでいる[1]。また、チョッパーは「トニー君」と呼ぶ。

内乱が治まった後、国内復興の為、涙ながらに麦わらの一味と別れ、アラバスタに残る。その際には「私はここに残るけど(船を降りるけど)、いつかまた会えたらもう一度仲間と呼んでくれますか?」と叫び、ルフィ達は肯定の意思表示として左腕の仲間の印を掲げた。[2]

分かれた際にはゾロ以外のメンバーは寂しがっており、ゾロは「力ずくで連れてくりゃよかった」といったい際に、非難されている。

B・Wのオフィサーエージェントであったニコ・ロビンが麦わらの一味に入団していた事については、再登場した際には既に知っており、ショックを受けるどころかほとんど気にしていない様子で、戸惑いを隠せない周囲に対し「彼らのやる事は全て信じられる」と、ルフィ達へ多大な信頼を寄せているのが読み取れる発言をしている。ルフィの事を自分とはスケールが違うと語り、海賊王になる男だと信じている。

アラバスタでルフィ達と別れてはいるが、麦わらの一味の仲間として、短期集中表紙連載の間に麦わらの一味が一人ずつ表紙のイラストを飾る際にも、カルーと共に度々登場している。またアニメのアイキャッチでも登場していた。ぬ

能力 編集

ダンス 編集

魅惑のメマーイダンス(みわくの-)
グルグル模様の服を着た状態で踊り、相手にめまいを起こさせる(ミス・ウェンズデーとしての技)。
魅惑の香水ダンス(みわくのこうすい-)
香水を付けた状態で踊り、相手にめまいを起こさせる(ビビとしての技)。

孔雀(クジャッキー)スラッシャー 編集

「孔雀(クジャッキー)スラッシャー」という手の両小指に小さい刃物をつけた紐を取り付け、その刃物を回転させながら相手を切り裂く。普段は何故か服の胸部に格納されている。

孔雀一連スラッシャー(クジャッキーストリング-)
孔雀スラッシャーの強化版。手の両小指に小さいいくつもの刃物がついたものを取り付け、遠距離戦も可能にしたもの。ロープのように相手を襲って切り裂く。
逆流(ランバック)
後ろに向かって孔雀一連スラッシャーを放つ。

脚注 編集

  1. 作者曰く、一度呼んでしまったので今更名前で呼ぶわけにいかなくなってしまっているらしく、ビビは一生ゾロをMr.ブシドーと呼ぶだろうとのこと。
  2. 他人の顔になりすます能力を持つMr.2 ボン・クレー対策として、左腕に×(バツ)を描きその上から包帯を巻いた二重の暗号。因みに×という印になったのは、ルフィとビビの提案によるもの。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia