Fandom

ONE PIECE Wiki

トニートニー・チョッパー

305このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
ONE PIECE > 登場人物一覧 > 海賊 > トニートニー・チョッパー
Wnpsart.jpg ワンピース・ファンのあなた!!
このページはまだ情報が充実していません。まずは、モンキー・D・ルフィのページを参考に、あなたがお持ちの情報や、インフォボックスの追加をお手伝いいただけませんか?(ヘルプ)


トニートニー・チョッパー(Tony Tony Chopper)は、『ONE PIECE』に登場するキャラクター。担当声優は、大谷育江。大谷の休業時(254 - 263話、映画『カラクリ城のメカ巨兵』)には伊倉一恵が代役として声を務めた。

プロフィール 編集

  • 所属:Dr.くれはの助手→麦わらの一味・船医(一時的にフォクシー海賊団に入団した事もある)
  • 異名:わたあめ大好き チョッパー(ペット)
  • 悪魔の実の能力者:動物系(ゾオン系)ヒトヒトの実の人間トナカイ
  • 懸賞金:50ベリー→100ベリー
  • 誕生日:12月24日(クリスマス・イヴ)
  • 年齢:(人間に換算して)15歳→17歳
  • 身長:90cm(人獣型)
  • 星座:やぎ座
  • 血液型:X型
  • 出身:偉大なる航路 ドラム王国(現・サクラ王国)
  • 夢:「万能薬(=何でも治せる医者)」になること
  • 好きな食べ物:わたあめ・チョコレート・甘い物全般
  • 嫌いな食べ物:辛いもの全部(甘くないから)
  • 得意料理:ミックスジュース
  • 好きな島:冬島の春
  • イメージナンバー:06
  • イメージカラー:ピンク
  • イメージマーク:Dr.ヒルルクのマーク
  • イメージ国:カナダ
  • イメージ県:富山県
  • イメージ職業:小学校の先生
  • イメージの花(ロビン談):チューリップ
  • 家族に例えると:末っ子
  • ニオイ:オレはわかんねぇ(本人談)
  • 弱点:海(カナヅチ)、臭いの強いもの(香水)、温暖気候、怒ったときのナミ

人物 編集

麦わらの一味5人目の仲間にして、船医。元はトナカイだが、「ヒトヒトの実」を食べることによって人獣に変型する能力、および人語を話す能力を授かった人間トナカイ。

年齢的に幼い少年であるためか、性格は純粋で無邪気で少々甘えん坊。麦わらの一味の中では最年少である。通り名の通り、かなりの甘党でもある。医者としての知識に加え、動物なのでよく鼻が利いたり、動物の言語を理解でき通訳を行うなど、他のメンバーには無い能力を備えている。前述の通り鼻がよく利くため、香水などのキツイ匂いは苦手。人から褒められると照れ隠しで口が悪くなるが、嬉しさを隠すことが出来ずに顔面筋肉をデレデレに緩ませてしまう。見知らぬ人間相手には警戒心が強く、すぐ物陰に隠れる癖がある(が、隠れる方向が逆)。驚いた時の顔が凄く、空島編でオームのペットを見た時、角が外れるほど驚いていた。

普段は小柄な人獣型の姿をしている。人獣型はタヌキ、人型はゴリラ、獣型はシカと間違えられる。ビビは「トニー君」、フランキー一家・チムニーは「トナカイさん(ちゃん)」と呼ぶ。フランキーには最初もともとが鹿でゴリラの能力者だと思われ「シカゴリラ」と呼ばれていたが、正式に一味に加わってからは名前で呼ばれるようになった。また、最近は麦わらの一味の仲間にすら、「タヌキ」と呼ばれ出している。アビ(アニメオリジナルキャラ)からはマメダヌキと思われており「マメちゃん」と呼ばれた。フォクシー海賊団から気に入られ、「チャッピー」と呼ばれた時があった(本人は嫌がっていた)。人の能力を持っているが、基本的にはトナカイなので人間の女には興味が無い。一味の中で身長が唯一判明していないが、人獣形態の時は一味で最短身なのは明らか。

ドルトンが「医師として最高の技術と精神を受け継いだ」と評するように、原作でもアニメでも、命の尊さを誰よりも理解しており、ドクトル・ホグバックを尊敬していたが、ホグバックのマッドサイエンティストぶりを目の当たりにしてからは嫌悪感を剥き出しにして痛烈に批判している[1]。傷ついたものはたとえ海兵であっても分け隔てなく治療する。仲間に加わった当初は自分が医者であるにもかかわらず病人やケガ人を見て「医者ぁ〜!」と叫んだ時期もあった(しばらくすると叫んだ後に「おれだぁ〜」と言うようになった)。

基本的には争いごとを好まず、ナミの怒った姿が大の苦手[2]ウソップとは仲が良く、よく嘘に騙されたり[3]コンビを組んだりしている。仲間の誰かと寄添っている描写が多い。後に仲間に加わったフランキーを時に「アニキ」と呼び慕う時もある。現在の所、麦わらの一味の船員(クルー)の中で唯一、純粋な“偉大なる航路(グランドライン)”出身者である。

Dr.ヒルルクと出会って以降、ヒルルクやDr.くれはと学問・研究に従事していたため、技は全て自己流である。ルフィ達の仲間に加わってから、数多の修羅場を乗り越え少しずつ成長している。戦闘時はランブルボールを駆使する事で高い戦闘力を発揮し、自分より格上の強敵を倒してきた。またランブルボールを使用せずとも、元々人型の姿の腕力は相当なものを持っているので、基本は人型で力任せの戦闘を行う。また、オーズとの戦いでは自らの医療技術を生かして最適な攻撃法を見出し、善戦した。

Dr.ヒルルク曰く、トニートニー・チョッパーという名前の由来は、トナカイであることと木をも切り倒す立派な角を持っているから。またトレードマークの×印がついたピンクのシルクハットはヒルルクがチョッパーとの喧嘩の仲直りの印としてプレゼントした物である。

JC16巻初版にて、背表紙の説明を含め全体的に「トニートニー・チョッパー」と誤植され、17巻のSBSの前に「C(ちょっと)M(まちがえ)C(ちゃった)のコーナー」で訂正された。第2版以降は修正されている。彼を主人公として尾田が描いた番外編を、ミニアニメーション「チョッパーマン」として放送したことがある。

作者曰く、「客にこび、甘ったれたマスコットキャラという奴らが嫌い」なため、当初チョッパーの口元を本物のトナカイと同じく隆起させていた。しかし、アニメで小泉昇氏の描く可愛らしいチョッパーと、声優の大谷育江の「反則もの」の声に感化され、「ちゃんとチョッパーには中身がある。顔が可愛くてもこびては見えまい」と考えを変えて、マスコット・チョッパーを徹底的に解禁した(劇場版『ストロングワールド』ではラフスケッチにて、マスコットと扱っている)。

来歴 編集

青っ鼻で生まれたためにトナカイ達の間で仲間外れにされ、さらに動物系悪魔の実「ヒトヒトの実」を食べて人間トナカイとなってしまうが、なぜか人型になっても青っ鼻はなおらず、人間からも「化け物」として疎まれ、迫害を受け続けてきた。人間から「雪男」と間違えられて攻撃され傷ついていたときに、Dr.ヒルルクに助けられる[4]。ヒルルクの死後、彼の遺志を継ぎ、「万能薬」になるべくDr.くれはに医術を学んだ。

数年後、ブリキング海賊団がワポルの王政を復活させようと島を訪れたとき、ルフィと共闘したのをきっかけに仲間に加わる[5]

一度、麦わらの一味が「デービー・バック・ファイト」の1回戦で敗れた際、フォクシー海賊団に(一時的に)入団させられたことがある。その際、泣き喚いたが、ゾロに叱咤され腹を括った。

エニエス・ロビーの事件後、50ベリーの懸賞金が懸けられた。この懸賞金の低さは、チョッパーが怪物化の代償として体が動かなかったため、ためらいの橋における大佐、中佐精鋭200名との戦闘時、ココロやチムニー達と船に避難していたため麦わらの一味ペットと考えられたためと、クマドリを倒したときの姿が仲間以外は誰も同一人物だと思えないほどに変化していたためと思われるが、チョッパー自身はあまりの低額さにショックを受け、その後のルフィとの会話で泣き喚いていた。しかし、懸賞金が懸かったこと自体はうれしいのか、サニー号の男部屋の壁に手配書を貼っている。

シャボンディ諸島での戦闘中に、再び現れたバーソロミュー・くまの肉球によって南の海のトリノ王国に飛ばされ、原住民と巨大鳥との戦争に巻き込まれるが、双方の誤解を解き終戦に導いた。原住民に別れを告げ巨大鳥に乗ってシャボンディ諸島に向かう途中、新聞に載っていたルフィの「16点鐘」の行動にメッセージがあるのを読み取る。

その後は、トリノ王国に戻り高度な製薬技術の学習と独自の生態系の研究をすることを決心した[6]

編集

主な能力 編集

通常、動物系悪魔の実の能力者は3段階にしか変形できないが、チョッパーは、自身の研究から編み出したランブルボールという特殊な薬を使うことで、悪魔の実の波長を狂わせることができ、3分間、七段変形が可能になる。また彼の技の名前には、彼の父親代わりであったDr.ヒルルクが愛し、同時に自分のひづめとよく似た形である、「桜(ロゼオ)」が用いられることが多い。

脚力強化(ウォークポイント)
動物系能力者の「獣型」と同じ。
重量強化(ヘビーポイント)
動物系能力者の「人型」と同じ。
重量(ヘビー)ゴング
重量強化の状態でのパンチ。通常の人型でも使用し、時に岩を砕く事もできる。
頭脳強化(ブレーンポイント)
動物系能力者の「人獣型」と同じ。
診断(スコープ)
両手の蹄を合わせてその中から相手を覗き、相手の弱点を診つける。この時、グリッド線のような模様が視界に浮かび上がる。
飛力強化(ジャンピングポイント)
ランブルボールによって追加された変型。跳躍力が飛躍的に上昇する、回避用の形態。人獣型と人型の間。外見は二足歩行+下肢のみ獣型+両手は人型に近い+角のない獣型の顔。
毛皮強化(ガードポイント)
ランブルボールによって追加された変型。全身を顔と足の先を除いて長い毛で覆い、球状になる。敵の攻撃の防御に使用されるが、毛で覆っているだけなので炎などには弱い。外見は獣形と人獣型の間。四足歩行+人獣型の顔+球状の体。
腕力強化(アームポイント)
ランブルボールによって追加された変型。上半身が強化される。蹄による強力な攻撃を見舞う。人型と人獣型の間。外見は二足歩行+筋骨隆々とした両腕+獣型の顔。
刻蹄桜(こくていロゼオ)
自慢の蹄でパンチを打ち込み、桜のような蹄の跡を残す。
刻蹄桜吹雪(こくていロゼオミチエーリ)
刻蹄桜を連続で繰り出す、チョッパーの「最高の攻撃」。相手の体に無数の蹄の跡を残す。CP9(クマドリ)の最強の鉄塊“剛”をも打ち破る威力を誇る。
刻蹄十字架(こくていクロス)
両手の蹄を合わせて殴りつけ、十字架のような蹄の跡を残す。
刻蹄菱形(こくていダイヤモンド)
両手の蹄を合わせて殴りつけ、菱形の蹄の跡を残す。刻蹄十字架(蹄を外側に開いて合わせる)と異なり、内側に向けて合わせる。
角強化(ホーンポイント)
ランブルボールによって追加された変型。角が巨大になり形も複雑になる。チョッパー曰く「とっておきの形態」。人獣形と獣型の間。外見は四足歩行+人型に近い手足+背中の毛がふさふさになる+巨大な角。
桜並木(ロゼオコロネード)
角強化の状態で敵に突進し、跳ね飛ばす。

ランブルボールの複数使用 編集

ランブルボールは言わば、「本来不可能な変形を無理矢理可能とする劇薬」である。それゆえに服用すれば通常ありえない形態への変形を可能とするが、適量は6時間に1つとされる。

6時間以内に2つ服用すると薬効が重複し、変形の波長が狂い過ぎて七段変形を上手くコントロール出来なくなってしまい、思い通りの形態に変形できる確率が7分の1まで下がる。さらに3つ目を服用すると狂い過ぎた波長により変形能力が暴走、巨大な怪物(モンスター)に変形し理性も失ってしまう。この形態はCP9のクマドリを一方的に叩きのめすほどパワーは高いが、命に関わるほど体力の消耗が激しく、変形が解けた後は反動でしばらく動けなくなる。3つ目を服用した際の巨大な形態も悪魔の実の能力によるものであるため、海に落ちれば変形が解けて暴走が収まる。

SBSでは「4つ目を服用すると作者が暴走する」「5つ目を服用すると読者が暴走する」とネタにされていた。

連携技 編集

必殺ウソッチョハンマー彗星
チョッパー(角強化)の角にゴムを引っ掛け、ウソップのハンマーを撃ち出す。
ロビッチョスープレックス
敵を抱きかかえたチョッパーの足裏に、ロビンが「脚場咲き」で足を咲かせて高所からスープレックスを仕掛けるという技らしいが、緊急事態に陥ったため中断した。
パイレーツドッキング6
ゾロ、ウソップ、サンジ、チョッパー、ロビン、フランキーの身体を合体させて巨大ロボ戦士「ビッグ皇帝(エンペラー)」になるというもの。チョッパーは頭部を担当。
フラッパーゴング
フランキーの「ストロングハンマー」と「重量ゴング」の同時攻撃。
パイレーツドッキング3
アニメオリジナル。フランキー、ウソップ、チョッパーの身体を合体させて巨大ではないが、ロボ戦士になる。
空軍(アルメ・ド・レール)刻蹄桜シュート
チョッパー(腕力強化)をサンジが蹴り飛ばし、加速の勢いを上乗せした刻蹄桜を打ち込む。通常のロゼオよりもはるかに大きな跡を残す。

『CROSS EPOCH』でのトニートニー・チョッパー 編集

クリチョパ海上列車コースターの運営者としてクリリンと共に登場。ミスター・サタンが王になったことで、ある場所へ向かうことになる。途中で現れたピッコロゾロを完全に列車強盗と勘違いしていた[7]

脚注 編集

  1. 王下七武海ゲッコー・モリアの「カゲカゲの実」の能力も「どこまで命を馬鹿にした能力なんだ」と言って嫌悪している。
  2. アニメでは、怒り狂うナミが恐怖の対象となった経歴を描写された。(アニメ132話参照)
  3. 医者だけに「○○してはいけない病」などの仮病系の嘘は「それは治せない」とあっさりかわしている。しかし遠目に見たケチャップ製の血糊には騙されており、またスリラーバークでは自分自身が「島には入ってはいけない病」にかかったとしている。
  4. 「トニートニー・チョッパー」という名前と、チョッパーが現在被っている帽子は、いずれもヒルルクから貰ったもの。
  5. ただし、チョッパーを仲間に勧誘するとき、チョッパーのことをルフィは「七段変形おもしろトナカイ」、サンジは「非常食」と考えていた。入団当初、彼のことを「医者」だと知っていたのはナミとビビだけだった(アニメでは、サンジは医者であることを知りつつも非常食として扱っていた)。
  6. 『ONE PIECE GREEN』収録情報。
  7. 実際、ゾロとピッコロは目的地が同じと知るまで、それを使い目的地へ行こうとしていた

関連項目 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はトニートニー・チョッパーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki