FANDOM


ダズ・ボーネスは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は稲田徹

人物 編集

バロック・ワークスでのコードネームは「Mr.1」。胸に「壱」という文字が入っている。

丸刈り頭。ストイック且つ寡黙で、馴れ合いを好まない性格。その為、騒がしく落ち着きの無いMr.2ボン・クレーとは反りが合わないが、インペルダウンでは戦闘時に油断したボン・クレーを警告する一面もあった。

オフィサー・エージェント最強の男であり、バロックワークス加入前は西の海出身の賞金稼ぎとして知られ「殺し屋のダズ」という異名を持つ。活躍はそこそこ知れ渡っているようで、海軍や七武海のミホークにも名を知られていた。

アルバーナでゾロと対峙した際、一時はゾロにその圧倒的な力を見せつけ瀕死に追いやるも、窮地に陥ったことで鉄を斬る力を会得したゾロに敗れる。その後、他のエージェントと共に海軍の留置所に収容され、救出に来たミス・ゴールデンウィーク達から脱獄に誘われるが、クロコダイルと共に拒否し、留置所に残りインペルダウンに連行された。思い描く理想は「英雄(ヒーロー)」。

インペルダウンではLEVEL4「焦熱地獄」に収監されていたが、ルフィらの集団脱獄の際に先に解放されたクロコダイルの誘いで共に脱獄する。

マリンフォード頂上戦争でもクロコダイルと行動し、一時は白ひげ海賊団と戦っていたがクロコダイルの命令によりルフィを援護した。その際ミホークとも一戦を交えているが、一太刀のもとに斬り伏せられる。頂上戦争終結後はクロコダイルと共に新世界へ向かう。

能力 編集

超人系悪魔の実「スパスパの実」の能力者の全身刃物人間で、全身を鉄のように硬い刃物(刀以外の刃物も可能であるため刀の峰にあたる部分はない)にすることができる。当然、体の硬度も刃物であるため、能力者になってからはゾロに敗れるまで剣士には傷一つつけられた事がなかった。

斬人(スパイダー)
全身を刀の硬度、つまり鉄の固さにする防御技。
掌握斬(スパークロー)
指を刃物に変え、掴むようにして切り裂く。刃の裏表を変え、拳を開くと同時に切ることもできる。
発泡雛菊斬(スパークリングデイジー)
刃物にした両手を勢いよく広げ、凄まじい衝撃とともに、放射状に広がる斬撃を放つ。
微塵斬(アトミックスパ)
相手を細かく切り刻む。
螺旋抜斬(スパイラルホロウ)
腕を刃物に変え、高速回転させることで触れたものを切り刻む。
滅裂斬(スパーブレイク)
腕を交差させることで相手を切り裂く。
微塵斬速力(アトミックスパート)
足の裏を刃にしてスケートのように滑る。

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki