Fandom

ONE PIECE Wiki

クロコダイル

305このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

サー・クロコダイルは『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は大友龍三郎

人物 編集

元王下七武海で、在任当時の元懸賞金は8100万ベリーだが現在の額は不明。秘密犯罪会社「バロック・ワークス」社社長でもあり、社内でのコードネームは「Mr.0(ミスター・ゼロ)」。

顔面を横断する傷跡、義手である左手のフック、分厚いロングコートが特徴で、葉巻を愛用。己以外の何者も信じず、自分の部下でも役に立たないか用が済むと即座に切り捨てる冷酷非道なエゴイストかつ実力主義者であり、周到に策略を巡らせ野望の達成を図る謀略家でもある。元懸賞金8100万ベリーは七武海加盟以前の懸賞金であり、作者曰く政府に露見していなかったバロック・ワークスなどの危険度も加算すると倍額以上に跳ね上がると言う[1]。表紙連載によると思い描く理想は「海賊王」。笑い声は「クハハハ」。9月5日生まれ(ダイル=95)の44歳。身長253cm。

22年前、海賊王ロジャーの公開処刑を見物していた。後姿の為、顔は見えなかったがその頃から葉巻を吸っていた。イワンコフとはルーキー時代に何らかの因縁があり、弱みを握られている。また、過去に白ひげと戦い敗北した。

表向きは七武海としてアラバスタ王国を海賊の襲撃から何度も守った英雄であり、民衆からは熱狂的な支持を受けていた。しかし、実際はアラバスタ王国の紛争を巻き起こした張本人であり、自身が経営していたレインベースのカジノ「レインディナーズ」の地下にバロック・ワークスのアジトを持っていた。その真の目的は、アラバスタ王国を乗っ取って王となり、「歴史の本文(ポーネグリフ)」を解析し「古代兵器プルトン」を手に入れ、政府を凌ぐ軍事国家を築くことであった。

アラバスタ王国にて、二度もルフィを下したほどの実力者であり、最初のレインベースの戦いではルフィに手も足も出させないままフックで串刺しにした後生き埋めに。二度目のアルバーナ宮殿での対決では水が弱点であることを見抜かれ、ルフィの水を使った攻撃で一時劣勢を強いられるが、逆にその水分を絞り取ることで逆転し干上がりにした。その後、再び起死回生を果たしたルフィと地下聖殿で対峙し、ルフィを「海賊としての敵」と認める。サソリの毒が染み込んだ鉤爪などを使って三度死闘を演じ追いつめたが、血塗れになりながらも決して臆さなかったルフィ渾身の「ゴムゴムの暴風雨(ストーム)」の前に遂に敗れた。

バロック・ワークスでの悪事が全て露見したことで七武海の称号と権利を剥奪され、海軍に逮捕される。その後、助けに来たミス・ゴールデンウィーク達から脱獄に誘われるも、「気分が乗らない」という理由で拒否し、Mr.1や後から投獄されたMr.2らと共に大監獄インペルダウン送りとなった。

その後、エースやジンベエと同じくLEVEL6「無限地獄」に収監されていたが、白ひげ海賊団と海軍との戦争を知る。白ひげの首を取るため、侵入してきたルフィらに共闘を持ちかけ、協力する事を条件に牢から解放された事で脱獄に成功。マリンフォードに到着すると直ぐ様白ひげの首を狙ったがルフィや3番隊隊長ジョズに阻止された。その後、白ひげがスクアードに刺される姿を見て激昂する様を見せると、攻撃対象を白ひげから海軍に変えエースの処刑阻止に協力。エースの死後は気絶したルフィとジンベエを追撃してきた赤犬に攻撃し、ルフィの戦場離脱を援護した。

終戦後、Mr.1と共に再び新世界への進出を決意する。

能力 編集

自然系悪魔の実「スナスナの実」の能力者の砂人間で、身体を砂に変化させ、砂嵐を起こしたり砂を刃とする。また右の掌で触れることであらゆる水分を吸収し、人や草木を干涸びさせ石や大地を砂に還すことができ、この「乾き」の能力が砂の能力の真髄である。力を最大限に発揮できる砂漠においては「自分に敵う者はこの世にいない」と豪語する。ただし、砂の特質により液体に触れると固形化してしまい、物理的なダメージを受けてしまう。

砂漠の宝刀(デザート・スパーダ)
腕を砂の刃に変え、巨大化して放つ。鋭い切れ味を持ち、地面(砂漠も含め)に大きな亀裂を発生させるほど。
砂漠の金剛宝刀(デザート・ラスパーダ)
腕を4つの砂の刃に変えて攻撃する。
砂漠の向日葵(デザート・ジラソーレ)
砂の中の水源を探り、流砂を作り出して相手を呑み込む。性質上、周囲が砂地でなければ使えないようだ。
三日月形砂丘(バルハン)
腕を三日月型の砂に変えて攻撃する。直接的な破壊力は持たないが、触れた部位の水分を吸い取ることで干からびさせ戦闘力を奪う。
砂嵐(サーブルス)
手のひらから砂嵐を発生させる。
砂嵐「重」( - ペザード)
砂嵐を圧縮して放ち、広範囲を押し潰す。
干割(グラウンド・セッコ)
地面の水分を吸い取り地割れを起こす。
浸食輪廻(グラウンド・デス)
地面を通して水分を吸い取り、地面も含め触れているもの全てを砂に還す。地面に触れていたルフィの草履なども枯れていた。

脚注 編集

  1. 単行本36巻SBSより。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki