FANDOM


カイドウは『ONE PIECE』の登場人物。   CV-玄田哲章

人物 編集

四皇の一人で百獣海賊団船長。 超新星編では「かつて新世界でモリアと渡り合った海賊」として名前とシルエットのみ登場し、新世界編突入後、ドレスローザ編最終盤でようやく姿を見せた(パンクハザード編でもローの台詞に名前のみ登場しており、通り名が「百獣のカイドウ」と明かされた)。

筋骨隆々の巨体とナマズ髭、オーズを彷彿とさせる大きな角、左肩から腕にかけての竜の鱗のような刺青が特徴。 笑い方は「ウォロロロロ」。

性格の全貌は不明だが非常に酒癖が悪く、泣き上戸になって慟哭していたかと思いきや、今度はいきなり怒り上戸になって癇癪を起こし、近くにいた部下を金棒のフルスイングで遥か彼方に吹っ飛ばすなど(少なくとも酒が入っている時は)感情の起伏が激しい。 また異常に強い自殺願望の持ち主で、趣味はなんと「自殺」。初登場時は上空1万メートルの空島「バロンターミナル」から飛び降りて自殺を図ったが、それですら「頭痛ェ」で済み、死ぬどころか怪我のひとつもなかった。

どうやら「自身が死ぬための戦争」を起こそうと考えているようで、ドンキホーテファミリーと「人造悪魔の実"SMILE"」を取引し、500人以上の能力者軍団を組織しているのもその一環と思われる。

超新星編では頂上戦争の前日、新世界にてシャンクスと小競り合いを起こした。海軍本部では、戦争を機として白ひげを討ち取ろうと目論んだカイドウをシャンクスが止めに入ったのではないかと推測されたが、「うまくやったよ白ひげのジジイは……」という台詞から死に場所を求めて頂上戦争に乱入しようとした模様。

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki