Fandom

ONE PIECE Wiki

イガラム

305このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

イガラムは、『ONE PIECE』の登場人物。担当声優は園部啓一

人物 編集

アラバスタ王国護衛隊長。基本の服装は黒タキシードに蝶ネクタイ。

ちくわのような巻き髪が特徴的で、ルフィからは「ちくわのおっさん」と呼ばれた。声がよく枯れ、そのたびに「マーマーマー♪」と発声練習をする。ビビと共に「Mr.8」としてバロック・ワークスに潜入した。ウィスキーピークでは町長「イガラッポイ」と名乗っていた。

自分達の正体が露見した後、囮になるためビビに変装しアラバスタへと舵を取った矢先、バロック・ワークスによって船ごと爆破されてしまう。

この際に亡くなったと思われていたが、アラバスタ編後期で無事に姿を現した。娘思いかつ親バカな国王に、怒声を上げたり「アンタ」呼ばわりするなど厳しいツッコミを入れられる唯一の人物だが、彼自身もビビのことに関しては甘く、常にビビのことを心配している。妻のテラコッタには頭が上がらない恐妻家。劇場版にはごく僅かだが1回だけ出演している。

能力 編集

サックスのようなショットガンを使う。また、ちくわのような巻き髪の中には大砲が内蔵されている。

イガラッパ
サックスの形をしたショットガン。
イガラッパッパ
髪の中に仕込んだ大型の銃を、紐状のネクタイを引っ張ることで発射する。


脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki